いつまでも子猫のような生き物 スナネコ

第6回目 スナネコ

スナネコは砂漠に住む生き物

成獣になってもまるで子猫のような見た目のスナネコ。

体長は平均50cmほど

体の大きなスナネコの体重は3.4kgで、一般的なイエネコ(平均の体重3.6kg

~4.5kg)より小柄なんだよ。

スナネコの顔の幅は広くて,足は太くて短め、その割に頭が大きいという体型も

子供さを感じさせるんだね。

毛色は黄色っぽい茶色や黄色っぽい灰色です。

この被毛の色により砂漠に紛れることができるんだ。

しっぽや前足、胴体には黒い線の模様が入っていて、目立つ個体や目立たない個

体がいるんだよ。

スナネコの耳は一般的な猫よりも大きくて、尖っているよ。

この大きな耳のおかげで、広い砂漠の中や、ほんのわずかな音も聞き逃さないん

だ。(耳が小さい私だけど、どんな噂話も聞き逃さないよ(^^)/)

猫は犬の2倍も聴覚が優れた生き物で、スナネコは地面の中にいる獲物の音

すらも聞こえるほどの耳を持っているよ。

スナネコは獲物の音以外に、周りの物音をしっかりと聞きとれるから、敵に襲わ

れにくいね。

音を聞き取るほかに、大きな耳は体の熱を放出する役割もあるんだよ。

大切な耳の中に砂が入らないように耳の内側には毛が生えています。

足の裏は、肉球の間から毛がたくさん生えているんだ。

この毛のおかげで、砂漠の熱い砂の上も歩くことができるんだよ。

さらに足の裏の毛があることで、砂で足が沈みにくくなるんだ。

スナネコは夜行性の動物です。

夜になると鋭い牙を使って狩りをし、ネズミなどの小型のげっ歯類、野ウサギ、

鳥、昆虫、は虫類などを捕獲し食べています

毒ヘビも餌にすることもあるんだよ。

スナネコの耳は地中の生き物の音も聞き取れるから、地中に獲物がいると分かる

と素早く地面を掘って捕まえることもあるよ。

子猫のような姿がかわいいスナネコ、とてもシャイで臆病な性格と、気性が荒く

て乱暴な一面もあると言われているんだよ。

見た目では「天使のよう」とスナネコは言われているけど、親しみやすさはゼロ

かな・・・(>_<)

だから、ペットには全く向いていないんだ。

砂漠はとても暑い場所だけど、地域によっては気温差があります。

季節によっては50℃近く暑くなる地域や、0℃を下回る寒い地域もあり、過酷な

環境でも生きられる体をスナネコは持っているんだよ。

砂漠では簡単に水を飲むことはできません。

スナネコは獲物を食べることで水分をとっていて、直接水を飲まなくても生きて

いけるんだよ。

子どもは2、3匹くらい産むんだよ。(テレビで見たけど天使ですね(^^)

寿命は飼育されている場合では10年から13年くらい、野生の場合寿命は分かって

いないんだ。

見た目はかわいいけど、多くの人が期待しているようなイエネコや犬のようには

ならないんだよ。

スナネコは「那須どうぶつ王国」と姉妹園の「神戸どうぶつ王国」で飼

育展示をしているよ。

 

人間にはなつきにくい動物だし、特に飼育がむずかしい動物。

動物園ですら苦労するほどなんだって!

 

※無料の画像が見つからず、画像なしでごめんなさいねm(__)m                     

 

                       第6回目 スナネコ  完

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です