殿様だの大名だのえらそうな名前の生き物  トノサマバッタ

第84回目  トノサマバッタ

殿様だの大名だのえらそうな名前の生き物  トノサマバッタ

 

トノサマバッタはバッタの中でも最大級のバッタで、別名「ダイ

ミョウバッタ」っていうんだ。

トノサマバッタの大きさ5㎝前後で、メスは1㎝程大きい場合が

多いんだよ。

トノサマバッタの生息域は、日本全土で北は北海道から南は沖縄

までどこでも見ることができるよ。

生息環境は田畑、草原、河川敷などが主で、東京近辺では河川敷

に多いみたい。

トノサマバッタの特徴としては飛翔力やジャンプ力が優れている

ことなんだ。

自分の体長の数十倍以上もジャンプして、その距離は50メートル

に達する場合もあるそうだよ。

トノサマバッタの平均寿命は2ヵ月~3ヵ月程度とされています。

トノサマバッタには緑色と茶褐色の個体があるけど、色の違い

だけで同じトノサマバッタなんだよ。

通常の場合トノサマバッタは「単生相(孤独相)」で単独行動

をしているんだ。

時には群生相となり数万匹から数千万匹もの大集団となること

があって、空が暗くなるほどの大集団が、あらゆるものを食い

荒らして、通り過ぎた後には何も残っていないんだよ。

この群生相の時のトノサマバッタは、かなり攻撃的な性格とな

って、仲間同士で共食いもするんだよ。

大集団になるのは、日本では殆ど起こらないけね。

トノサマバッタは、一年に2度産卵するよ。

一度目の産卵は夏の初めで、二度目は秋だよ。

一つの卵鞘の中には50個~100個程度の小さな卵が入っている

んだよ。

夏に産んだ卵は1か月程で孵化しますが秋に産んだ卵は孵化せ

ずにそのまま越冬するんだ。

成虫が見られるのは 7 ~ 11 月ごろ。

人の気配に敏感で、そばで観察するのはけっこうむずかしい。

殿様だの大名だのえらそうな名前の生き物  トノサマバッタ

 

              第84回目 トノサマバッタ 完

 

水の上を歩いたり、飛ぶことも!できる生き物  アメンボ

第72回目  アメンボ


水の上を歩いたり、飛ぶことも!できる生き物  アメンボ

 

田んぼや水たまりなどでよく見かけるアメンボ。

活動期間は春先から秋にかけて。

孵化してから1ヶ月ほどで交尾ができるようなって、産卵を終

えると寿命を迎えるんだよ。

※水中で産卵するよ。

 

肉食性で、水面に落ちてきたアリやハエなどの小さい昆虫が主

なエサだよ。

 

足の先にある特殊な毛で水面の振動を感知すると、素早く獲物

を捕獲するんだ。

針のように尖った口を突き刺して体液を吸うんだよ。

足の裏に細かい毛が生えていて、そこにしみ出す体内で作られ

た油のおかげで、濡れずに浮いて進めるのだそう。

 

アメンボという名前はアメのような、甘い香りがすることから

アメの棒、アメンボになったそうだよ。

アメンボって何の仲間かというと、実はカメムシ目アメンボ科に

分類されるムシで、カメムシの仲間なんだよ。

カメムシの仲間であるアメンボにはハネがあって飛ぶんだよ!

しかも、地面を歩いたりもできるらしいよ。

水の上を歩いたり、飛ぶことも!できる生き物  アメンボ

水たまりが乾くと水場を探して、飛ぶんだよ!。

アメンボは他の昆虫類同様に足が6本あるんだよ。

そのうち4本は長くて、体より大きく広がり体を支えているん

だ。

前足の2本は、獲物を捕まえるために短めなんだよ。

体重は約30mgで、1円の1/3の重さなんだよ。

 

 

アメンボは、沈まないようにできている足で水の中にも、もぐ

れます。

もぐるのかなり大変そうだよね!

 

          第72回目  アメンボ  完

子供達に人気の昆虫の王な生き物 カブトムシ

第70回目  カブトムシ


子供達に人気の昆虫の王な生き物 カブトムシ

 

成虫は夏に発生して、子供達の人気の昆虫王。

カブトムシは基本的に夜行性なので、日が暮れるころからが、

彼らの活動タイムなんだよ。

夜が明けると、土に潜ったりして隠れてしまうんだ。

なので、実際に探すとき、夜は17~22時、朝だと4~7時が

いいかもね。

 

オスの体長は30~54mm(角を除く)、メスは30~52mm

捕れる時期成虫は6~8月。 エサ・成虫は樹液をなめているけ

ど、果物も好きだよ。

近年では飼育用のエサとして昆虫ゼリーを与えるほうが栄養価

も高く、長生きするといわれているよ。

幼虫は腐食土や柔らかい朽ち木を食べて成長するんだよ。

飼育には市販の昆虫用のマットが向いているよ。

幼虫期のエサの量で成虫のサイズが決まるから、飼育の際には

充分なエサを準備するといいよ。

 

オスは角を使って闘うことで有名。

角先を相手の体の下に入れて投げ飛ばすため、体が大きく、

より角が長いオスが強い。

でも、小型のオスに比べ、大型のオスは鳥に捕食されやすい。

捕まえるコツは、夜間や早朝に樹液を見て回る方法や、お酒に

浸した果実で成虫をおびき寄せる方法もあるよ。

基本的に夜行性だから、早朝の採集がおすすめ。

幹の細い樹上にいることもあるから、樹を揺さぶると落ちてく

るよ。

また、夜間には灯火に飛来することがあるから、人里近くの外灯

やコンビニも重要なチェックポイントなんだよ。

夏に羽化した成虫は樹液上で交尾を行ない、メスは腐葉土などに

20~30卵産むよ。

幼虫は3度の脱皮を経ながら、腐葉土中で越冬するんだ。

6月ごろになると土中に蛹室(ようしつ)を作り蛹(サナギ)に

なって、およそ3週間後に成虫になるんだよ。

オス同士で戦わせたりして夏休みよく遊んだりしたのを思い

出すなーー(´▽`)

 

        第70回目  カブトムシ  完

見た目は怖いけど温厚な性格の生き物  クマバチ

第63回目  クマバチ


見た目は怖いけど温厚な性格の生き物  クマバチ

 

クマバチは温厚な性格で、スズメバチやアシナガバチに比べ

ると危険性が低いよ。

クマバチは漢字で「熊蜂」って書くんだよ(^^)/

黒くてずんぐりした姿が熊を連想させることから名付けられたん

だって。

地方によっては、「クマンバチ」とも呼ばれてるよ。

 

クマバチは体長2cmを超えるずんぐりとしたハチ。

胴体が太いから、ぱっと見でとても大きく見えるよ。

全身真っ黒だけど、私たちの身近で見かけることの多い、クマバチ

は胸の部分にもふもふとした黄色い毛が生えているんだよ。

 

オスとメスでは見た目がすこし異なるんだよ。

【オスの外見的特長】・複眼(目)が丸く大きい
・顔の真ん中に黄色い(もしくは白い)三角形のマークがある
・頭がメスより小さい
【メスの外見的特長】・複眼が(目)やや鋭く切れ長な形
・顔は全体的に黒く、黄色い部分はない
・頭がオスより大きい

 

クマバチは花の蜜や花粉をエサとし、他の昆虫を襲うことはな

いんだよ。

この間、藤棚のちかくで見かけたよ(^^)/

真っ黒で大きい身体から、「ブーーン」と重低音で耳元を通って

行かれると怖く感じるね。

とても怖いハチといった印象を受ける人も多いけど、実はクマバ

チはとても温厚な性格なんだよ。

クマバチの寿命は約1年です。

クマバチは、木や竹に長い穴を掘って巣を作るんだよ。

強いアゴでガリガリと木を削り、直径1.5cm、全長30〜40cm

ほどの巣を作るんだ。

 

クマバチは温厚な性格で、自分から攻撃してくることはないけど、

こちらから刺激を与えてしまった時は、攻撃してくるよ。

クマバチも毒をもつハチだから、一度ハチに刺されたことがある

人はとくに、刺激しないよう注意してね。

クマバチの針は太くて、刺された時は激しい痛みだよ。

 

      第63回目  クマバチ  完

 

邪魔鳴きする生き物 ツクツクボウシ

第62回目  ツクツクボウシ

邪魔鳴きする生き物 ツクツクボウシ

 

「オーシーツクツクツク、ツクツクボーシ…」というなき声

からこのような名前がつけられたんだよ。

オスは42~46ミリ、メスは40~44ミリ

9月になるとツクツクボウシのなき声が聞こえるようになる。

あるオスがないているとき、近くにいる他のオスが「ジーィ」

と邪魔をする様ように鳴くんだよ。

7月下旬から10月にかけて成虫が出現して、産卵するんだよ。

卵は翌年に孵化し、幼虫は土中で5回の脱皮を経ながら3、4年

すごすと考えられているんだ。

幼虫は湿気の多い土中を好むよ。

ツクツクボウシは警戒心が強くて動きも素早いのでから、クマ

ゼミやアブラゼミに比べて捕獲が難しいみたい。

夏の終わりを告げるセミとも呼ばれていて、このセミが鳴きだす

と、夏休みの終わりを連想する人も多いのでは。

 

 

【子供のころの話】

①庭の木にやってくるセミを捕まえたくて網を持って狙いを定め

て「オリャー」って振り上げた瞬間にオシッコかけられ逃げられ

た!

②セミを捕まえにお隣のお庭へいったら、ちょうど脱皮してると

ころだった。体が乾いてセミになっていくところを観察できた、

あれは、感動する。

 

        第62回目  ツクツクボウシ  完