龍宮城へ案内してくれる?生き物 ウミガメ

第4回目  ウミガメ

体の特徴は、なんといっても大きなヒレ。体長は種類によって異なりますが、大

きいものだと200cmを超える種類もいるよ。

 

寿命は長く、100~200年生きることも。

すごー (+o+) 長生き!でも私も負けてないよ!

小学生の時担任に手相見せてって。すごーい!200歳まで生きるよっ!!

って大声で言われたもん(^^)/でもあの時はちょっと恥ずかしかったな・・・(-_-)

ウミガメの祖先は陸上で暮らしていたカメで、徐々に海での暮らしに適合するよ

う進化していったと考えられているだよ。

ウミガメは産卵時以外のほとんどを海中で過ごすけど、体内は魚類のような構造

ではなくて、肺で呼吸をする爬虫(はちゅう)類なんだ。

そのため、時々は水面に上昇して息継ぎしないといけないんだ。

ただ、すんごい長い時間呼吸を止めることができて、じっとしているだけで長く

て5時間くらい息継ぎをしなくても大丈夫なんだよ。

顔に水がかかっただけでも苦しくなっちゃう人いるよね?!(それは私(^-^;)

日本の海域にも暮らしている代表的なアオウミガメ(アカウミガメもいるけど沖

合にいることが多いから遭遇する確率低いレア)「アオ」とありますが実際は赤

と茶色、黒などさまざまな色が混ざってるんだよ。

 

体長は90~110cmほど

浦島太郎を乗せて龍宮城へ連れって行ったのはアオウミガメかな(・・?

海に落ちた私をウミガメが助けてくれたんだけど、龍宮城?みたいなところへ連

れていってくれたわけ、食べ物やら、飲み物をたくさん持ってきてくれて、おも

てなししてくれるの。

最初は戸惑っていたけど楽しんでたら急に苦しくなってきたわけ!

そうだよ!ここ海の中なんだよ(*_*)苦しい苦しい死ぬ!

もがきはじめて目が覚めたって・・・夢のお話。

起きたら顔に枕乗ってたわ・・・(´▽`)

テレビ番組などで見るウミガメの産卵シーンで涙を流しながら卵を産む姿

塩類腺(えんるいせん)を使って体内の余分な塩分を体の外に出している。

普段から涙は出てるけど、海中にいるからわからないだけ。

花粉でやられて涙が止まらない人もいるよね(それは私(/ω\))

 

ウミガメの卵は孵化するまでに2ヶ月くらい、生まれてくる赤ちゃんの性別は、

この時の温度で決まるんだよ。

約29度を境にして高ければメス、低ければオスが生まれてくるんだって(^^)/

殻を破った瞬間からサバイバル。

浜辺から沖合に出るまでが、一生のうちでとても死亡率が高いんだよ。

自分の体を興奮状態(フレンジーっていうらしい)の効果が続いている1~2日の

間は、眠ることも餌を食べることもしないで、ひたすら沖合を目指すんだ。

浜辺では天敵のヘビとか、沿岸にいるカモメや大型の魚などに襲われる恐れがあ

るからなんだよ。

ちなみにウミガメの赤ちゃんは、少しでも生き残る数を増やすために、巣穴から

の脱出が夜一斉にはじまるんだよ。

ウミガメは紫外線を見ることができるから、真っ暗な状態でも海の方向がわかる

んだ。

ちなみに、私は匂いで美味しいウナギのお店を見つけることができます(^^)/(自

慢)

死んだウミガメの胃の中からビニール袋やプラスチック系のゴミがたくさん出て

きたのをテレビで見たことあるけど、消化できないし、栄養にもならないよね。

人間によって環境が破壊されゴミが増えている。

ウミガメのエサ(クラゲ)がそれに似てるから間違って食べちゃう(>_<)

環境問題深刻だよ。

                        第4回目 ウミガメ 完

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です